オシャレなキャプションの作り方をcheck!

狩野派による日本画解説書「丹青指南」を現代語訳【カテゴリ】






手元の丹青指南のコピーを趣味で現代語訳しました。


手元にあるのは、お借りした本をコピーし製本したもので、
糊が剥がれてきたので、訳と共に製本し直し読み返しやすく
することを目的として始めました。


自分の読み易さを重視している為、細部のニュアンスが
原文とは異なる部分があります。


専門家ではなく誤訳も多い事を前提に読んで頂くとして、
勉強される方は原本か他の現代語訳、あるいは



「日本画画材と技法の秘伝集
狩野派絵師から現代画家までに学ぶ 新装版
日貿出版社/小川幸治」



をおすすめします。




注)文字が潰れて見えない、
訳できなかった(文章を理解できなかった)部分は
「?」「○○」等の記号、もしくは注釈を付けています。
分かったら訂正したものを上げ直す予定です。


​2020/12/21


前書き(序)ー丹青指南とは?

日本画の精神を、狩野派の技法書「丹青指南」を現代語訳して解説!


前書き(序)では、狩野派伝統の日本画技術書「丹青指南」が
どのような経緯で作成されたかが書かれています。

また、日本画で一番大切な技術とは何なのかも書かれる、
本書の核とも言える部分です。

緒言

胡粉の剥落を防止するには?「丹青指南」を現代語訳②緒言



そのやりかたで、あなたの絵は100年残りますか?

色あせたり絵具が取れている絵と、
今でも色鮮やかに残っている絵の違いは
ここにあります!

あなたがここで学んだことが
100年後の日本の文化財を守っているかも!?

付け足し(附言)

編者来歴(編者履歴)

狩野派の日本画技法書「丹青指南」を現代語訳③編者履歴

丹青指南を残した市川守静とは一体何者なのか!?

そしてその人生は?

市川氏の生涯を見て、
日本画への情熱を感じて下さい!



日本画の歴史(彩色絵沿革大略)

日本画の歴史―狩野派の日本画技法書「丹青指南」を現代語訳④




誰もが思う
「日本画って結局なに?」
という疑問。

日本や中国における絵画の歴史を紐解けば
日本画の流れも見えてきますよ!


そして国宝とされる作品には
ある共通点
も存在します。
その答えもこちらに書かれています。

ドーサ液(礬水)

【日本画】狩野派のドーサ液の作り方とは?効果はあるの?【丹青指南現代語訳】


ドーサ液とは日本画で使う「にじみ止め」!

このにじみ止めは、現代では完成した物が売っていますが
昔はもちろん、自分で作っていました。


狩野派流のドーサ液でいろんなものに
にじみ止めを施してみよう!

ドーサ紙の作り方(礬水紙製法)

【日本画】狩野派流!ドーサ液の引き方を解説!【丹青指南現代語訳】

ドーサ液ができあがったら、
あとは塗るだけ!


でも塗り方にも狩野派流のコツがあるのです。


そして百年前の落書き帳の作り方
紹介しております!

膠の使用法

【日本画】膠(にかわ)とは?作り方と使い方&種類を徹底解説【画材】


「膠(にかわ)」
これは日本画で最も大切な物と言っても
過言ではありません。


でも一口に膠と言っても、実は沢山の種類が
あるんです。


この記事では膠の種類や作り方を超網羅!

読むだけでアートや日本の絵画に
百倍詳しくなれます。

粉絵具の種類と溶かし方

胡粉精錬法(粉絵具種類弁溶融方/胡粉精錬方)
沈殿胡粉

【日本画】胡粉の作り方とは?塗り方、使い方を解説!【丹青指南現代語訳】



胡粉ネイルで有名な
「胡粉(ごふん)」!

実は本来は画材だったんですよ!


そしてルンルンで爪に付けている
胡粉成分ですが、

昔はとんでもない毒物が
「胡粉」と呼ばれていたんです。


この記事では
胡粉の練り方や種類、歴史を
ご紹介しております!

起上げ胡粉(盛り上げ胡粉)

日本画の盛上げ胡粉(腐れ胡粉)の作り方を解説!ー『丹青指南』を現代語訳


胡粉にも種類がありますが
「腐敗させて作る胡粉」
もあります。


一体なんのために腐らせる必要が
あるのでしょうか!?

そしてその代用品になる物とは!?


一、藍棒(あいぼう)

➡【日本画】棒絵具とは?棒絵具と藍棒の使い方を解説!【藍色染料も!】

絵具の混合法並びに使用法


岩絵具の種類と使用法
金泥の使用方法と箔の解かし方
銀泥の使用方法
彩色の方法
隈取
括り、描き起し、極隈
彩色雑事
終業雑事
分業彩色
​絵所の資格