オシャレなキャプションの作り方をcheck!

日本画の精神を、狩野派の技法書「丹青指南」を現代語訳して解説!

「日本画」
と言われて思いつくものの一つが

「狩野派」ではないでしょうか?



何処かミステリアスで、隠された技術

……というイメージがありますが、実は

 「これさえあれば日本画の絵具の扱いは完璧!」 



というような、超詳細な技法書が現存しているのです。



なんと今回は、その百年前に書かれた
伝統を伝える日本画技法書、
「丹青指南」を日本語訳していきます!





日本史の授業でも長い期間登場していた
「狩野派」という人びと。


一体どんな技術を持って、宮廷画家を
何代も続けてきたのでしょうか?



丹青指南のまとめは画像をタップ!

狩野派による日本画解説書「丹青指南」を現代語訳

狩野派の日本画技法書「丹青指南」とは?

丹青指南とは、1926年に東京美術学校校友会が
出版したとされる技法書で、東京藝術大学でも

「幻の技法書」とされていたそうです。




コピー機のない時代には、
学生は手書きで全て写しとり、


有名な日本画家もこの本を参考にして
作品を制作してきました。



この丹青指南の作者こそが、狩野派の末裔
市川守静という老人だったのです。

狩野派画家の末裔、市川守静とは?

そもそも「丹青指南」執筆の始まりは
当時の東京美術学校長である正木直彦と

市川守静の出会いから始まりました。





市川氏は、狩野派の工房で秘密にされている
伝統の彩色法を伝承してきた、

狩野派の中でもトップレベルの彩色専門家でした。



日常の彩色だけでなく、時々受注する
神社仏閣の殿堂の彩色も任されてきた程です。



そんな狩野派の画家が、
わざわざ美術学校(現在の東京藝術大学)に

教えに来たのは、一体なぜだったんでしょうか?

近代日本画は問題だらけ?

ところで皆さんは、何百年も前の屏風の絵が
今も鮮やかに残っているのを見た事が
あると思います。




例えば、安土桃山時代の狩野永徳の名作

「唐獅子図屏風」

引用:宮内庁ホームページ

この絵は今も剥落なく現存していますね。




しかし、それは正しい日本画絵具の
使い方をしていたからであり、



適当に使うと、ボロボロ絵具が剥がれ落ちて
すぐにダメになってしまうのです!




市川氏は、これを問題視しました。

「今の先生方は墨の使い方は上手だけれど
絵具の使い方をまるで知らないような
作品もあるなんて!」

「これでは狩野派の技術が消えてしまう!」



と焦ったのだそうです。
そこで、日本画の未来と学生のために

狩野派伝統の彩色法を
全て伝授することにしたのです。


その技法をまとめたのが、
この幻の日本画技法書「丹青指南」
だったのでした。



現在、平山郁夫や高山辰夫のような
昭和や大正の作品を楽しむことが出来るのは

市川守静と丹青指南のお陰であり、


現代の日本画も、狩野派の技術を受け継いでいる
伝統の継承者なのかもしれませんね。

まとめ
・丹青指南は、狩野派伝統の日本画技法書

・作者は狩野派の彩色専門家、市川守静

・日本画絵具は正しく扱わないと剥落する

序の現代語訳


思い起こせば大正3年の夏
市川守静と名乗る老人が突然現れて言うには、

「幼い頃から狩野派の工房で絵画に
親しんできたが、絵を描くのは上手でなく
(画才○ならず?僥ならず?)

むしろ、狩野派で絵所で秘密にされてきた
伝統の彩色法を伝承し、長年実験をして
自得する事が多いので狩野派では
それを得意としてきた。



それで日常の彩色はもとより、
時に受命する殿堂の彩色も任されてきたので、
彩色の事は狩野派の中でもトップレベルだ。



明治維新の前はすっかり絵から遠ざかって
40年が経つが、最近の日本画作品を見ると、
墨の筆遣いはたいへん上手だが、
彩色の一点だけはほとんど疎かにされていて、

「最初から彩色方法を知らないのでは?」

と疑ってしまう作品もあった。





絵画は壊れにくい、不朽のものと言うけれど、

このような状態では
墨以外はすぐに剥落してしまう。

と嘆き、憤りを感じた。




そして私が長年伝え習い使ってきた
狩野派秘伝の彩色法も今伝授しなかれば、

もう幾何もない私の命といっしょに
消えてしまうだろうと気付いた。




学校(東京美術学校)では彩色方法の
授業もあるだろうけれど
もし許されるなら、学生のために
狩野派工房の伝統の彩色法を全て伝授したい。」




と言う。
私はその熱い心に感動し、この老人にお願いして
科外に彩色法を口授で伝えさせようとして、
その教科書や参考作品などを準備中に
老人は病気になってしまい、教える事が出来なかった。




ただ参考作品の一部と「丹青指南」という
一冊の教科書を残すのみになってしまった。



幸いなことにこの教科書は懇切丁寧で、
これを読めばまるで対面で教えて貰っているかのようだ。



この老人が死んですでに十数年。
この本は箱の底にしまって人に見せてこなかったが


このごろ絵画の専門家も、入門の練習を
ないがしろにするのが当たり前となっていて
嘆かわしいので、今回友会雑誌に付けることにした。




これ一には狩野派の彩色法が消えるのを防ぎ、
一は画家の帳中に寄与せんとこい願うにすぎないのだ。



大正15年1月
東京美術学校長 正木直彦





!お願い!

手元の丹青指南のコピーを
趣味で現代語訳したものです。



自分の読み易さを重視している為、
細部のニュアンスが原文とは異なります。

専門家ではなく誤訳も多い事を前提にお読み下さい。



勉強される方は原本か他の現代語訳、
あるいはこちらの本をおすすめします。


注)文字が潰れて見えない、訳できなかった
(文章を理解できなかった)部分は
「?」「○○」等の記号、
もしくは注釈を付けています。

分かったら訂正したものを上げ直す予定です。

日本画の技法書「丹青指南」に関する参考サイトなど

・国立国会図書館デジタルコレクション

無料で閲覧だけでなくダウンロードもできます!

・CiNii図書

日本の図書館からページの
コピー(複写)を購入できます。

現代版丹青指南!日本画のバイブルです。

丹青指南の現代語訳まとめは
こちらの画像をタップ!

狩野派による日本画解説書「丹青指南」を現代語訳

前の記事はこちら!

次の記事はこちら!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 日本画関連の記事はこちら!.jpg
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 丹青指南こちら!-1.jpg