オシャレなキャプションの作り方をcheck!

【初心者向け】日本画のドーサ液の引き方、作り方をイラスト付きで解説!

岩絵具がボロボロ取れて描きにくいよ!

ドーサ液はちゃんと引いてる?

日本画で使う和紙や絵絹は吸水性があるため
絵を描き始める前に、にじみ止めを塗る必要が
あります。


このにじみ止めを、日本画では
「ドーサ液」と呼びます。


ドーサ液を塗っていない生の紙に
絵具を塗ってしまうと、
墨がにじんだり、岩絵具がポロポロと
はがれ落ちてしまう危険があります。




今回は、この日本画版にじみ止めである
「ドーサ液」の作り方を、
簡潔にご紹介致します!


伝統的なドーサ液の作り方は、こちらでご紹介!

【日本画】狩野派のドーサ液の作り方とは?効果はあるの?【丹青指南現代語訳】

野派は、ドーサの塗り方にもこだわります。

【日本画】狩野派流!ドーサ液の引き方を解説!【丹青指南現代語訳】

ドーサ液を作る時に必要な物


まず初めに、ドーサ液作りに最も適した季節は
冬だとされています。

作家によっては冬にまとめて一年分のドーサ引きを
終わらせるそうですが、今回は割愛しましょう。

今回は、分かりやすくするために
三千本膠一本を基準にします。

必要な物
  • 膠(三千本一本/粒12~15g)
  • 計量カップ
  • ミョウバン
  • 適当な小瓶
  • 大さじ
  • ボウル

ドーサ液の作り方

①膠水を作る

三千本膠一本(粒膠12~15g)を200ccの水で溶かし、
膠水を作る。

溶かす方法は

  • 電熱器に膠鍋
  • チョコレーター
  • 電子レンジ

など、どの方法でもOKです!


筆者はチョコレーターで湯煎しています。



膠の溶かし方はこちらの記事で!

【日本画】膠(にかわ)とは?作り方と使い方&種類を徹底解説【画材】

②水を足す

膠水をボウルに移し、

:水=1:2

になるように水を足します。

今回は膠水が200ccなので、
400ccの水を足します。


比例が覚えにくいときは
「三倍に薄める」
と覚えておくのがオススメです!

③ミョウバンの飽和水を作る


ミョウバンを水に入れて湯煎し、
飽和水を作ります。



飽和水とは、
「ミョウバンが溶けきれなくなった水」のこと。

溶け残りが出るまでミョウバンを加えます。


適当な小瓶があれば
ミョウバンを入れるのに便利ですが、
無い場合は使わないマグカップなどでも
大丈夫です!


④膠水にミョウバン飽和水を加える


膠水にミョウバンの飽和水を
大さじ1~2杯、加えます。


そして、刷毛や匙などで、
よく混ぜましょう。

⑤ドーサ液が出来たか確かめる

よく混ぜると、膠水の匂いに変化が現れます。

「濡れた動物の香り」
と形容されるような、特徴的な香りがします。


また、味にも変化があり、
「舌にまとわりつくような味」
(ミョウバンっぽい味)
がします。


これらの香りや味の変化があれば
ドーサ液の完成です!




色や刷毛の通りで判断する方法もありますが、
個人的には香りが一番分かりやすいですね!

ドーサ液の引き方(塗り方)

①紙を広げる

よく拭いた机や、清潔な毛布の上に
和紙を乗せます。

②ドーサ刷毛で塗る



刷毛(ドーサ刷毛)で、和紙に塗っていきます。

以下の四点に注意して塗っていくのがコツです!

  • 刷毛にたっぷり取って塗る
  • 水溜まりができないようにする
  • 塗れた状態で重ね塗りしない
  • 一方向に塗る

最初は難しいかもしれませんが、
「紙を傷めないようにしよう!」
と意識すると覚えやすいですよ!

③裏面に塗る

雲肌麻紙のように厚い紙は
紙を裏返して反対側からも塗りましょう!



より、しっかりとにじみ止めの効果が
現れます!



塗ったドーサは三日くらいで安定します。


④胡粉や水干絵具を塗って中和する

胡粉

最後に
アルカリ性である胡粉や水干絵具を塗って、
ドーサによって酸性になった紙を
中和します。

胡粉の作り方はこちらの記事で解説しています

【日本画】胡粉の作り方とは?塗り方、使い方を解説!【丹青指南現代語訳】

ドーサを作る時、塗る時はここに注意!

  • ドーサ液作り準備段階の注意点

湿度が高いとシミが出来てしまいます!
できるだけ湿度が低い冬の間に行いましょう。


また、ドーサは乾く時に
時間がかかり過ぎてはいけません!
なので基本的には晴れた日に行うのがベストです。


雨の日にドーサ引きをする時は、
ドライヤーを使う、
電気カーペットの上で塗るなど
早く乾かす工夫をする
といいですね!




  • ドーサ液を塗る時の注意点


ドーサ液は冷ましてから引き始めましょう!

特に少量のドーサ液を作る際、
膠水を溶かしてすぐの熱い状態で塗ると
膠で紙がテカテカになる可能性があります!



また、ドーサは酸性なので
塗り重ねると紙を傷めます。


なので、できるだけ薄く

なおかつ、一層で紙に浸透するように

しかし、溜まりが出来ない程度に。

注意深く塗る必要があります。




もちろん、
塗れた状態での重ね塗りもNG!
塗れた紙は傷みやすいのです。



  • ドーサの効果が薄いときは?


とは言え、
ドーサの効果が薄かったときは
重ね塗りするしかありません。


十分に乾いた状態で重ね塗りをしましょう。


  • 最後に必ず胡粉を塗ろう!

ドーサ(酸性)の上から
胡粉や水干絵具(アルカリ性)を塗って
紙を中和しましょう!

これによって絵が長持ちします。

まとめ―日本画のドーサ液の引き方、作り方

ドーサ液の作り方をまとめると、
このようになります!

  1. 薄い膠液を作る
  2. ミョウバンを加える
  3. ドーサ液の出来上がりを確認する
  4. 刷毛で塗る
  5. 胡粉を塗って中和する

また、塗る時には注意点もありましたね!

塗る時の注意
  • 刷毛にたっぷり取って塗る
  • 水溜まりができないようにする
  • 塗れた状態で重ね塗りしない
  • 一方向に塗る



ドーサ液の作り方は作家や流派によって
千差万別!

他にも様々な作り方がありますので、

色々な作り方を試して自分に合った
ドーサ液作りをマスターしてみてください!





狩野派のドーサ液の作り方はこちらで解説!

【日本画】狩野派のドーサ液の作り方とは?効果はあるの?【丹青指南現代語訳】

【日本画】狩野派流!ドーサ液の引き方を解説!【丹青指南現代語訳】

ドーサ液の作り方動画

MAU造形ファイルアートとデザインの素材・道具・技法

ドーサ液作りに便利なグッズ&ミョウバンの一例

⇧沸騰しない温度で膠を湯煎してくれます。
保温機能があるので、冬の制作でも
膠が固まりません!





⇧このようにAmazonや楽天でも売っていますが、
こんなに大量に買わなくていいです。

(この商品しか見つからなかったので
掲載しています。)

画材屋さんで、50gも買えば、数年は使えます。

前の記事はこちら!

【日本画】アートグルーの使い方と使用感をレビュー!

次の記事はこちら!

【日本画】ドーサ液にミョウバンを入れる理由は?科学的な根拠から紹介!