次回展示はCHIKAPPART vol.7!よろしくお願いします!

色で願いが叶う?!色の魔法の使い方!―色彩心理と魔術・スピリチュアル

何でも思い通りにする事ができる魔術

そんなスゴイ魔法を、色を使って簡単にできたら
……皆さんは何を叶えますか?




今回は
色を使った魔術・魔法、願望実現
についてお話します。



皆さんは色でどんな願いを叶えたいですか?


ぜひ心に浮かべながら
読み進めてみてくださいね!

マジカルアイテム作りにもオススメ!

天然石の粉が絵の具?岩絵具と鉱物の種類【日本画】

色彩の効果を使いこなす魔術やスピリチュアルとは?

皆さんは魔術やヒーリングといった言葉に
どんなイメージを持ちますか?



怖い、怪しい、
胡散臭い



という印象が大きいのではないでしょうか。



しかし実は、

心理学を応用し、
人間が無意識に特定の行動を取るように、
脳を支配する事ができる

というものなのです。







ですから恋の魔術をする事で
「特別な努力無しで自分を上手にアピール」

できるようになり、

恋が成就すると言う事が起きるのです。





このような魔術やスピリチュアルの儀式では
古代から、色彩に不思議な効果があると考えられて
きました。




例えば生命力をイメージさせる赤の絵具。


この色で絵を描く事で多産や豊作を
祈願する儀式が行えたのです。




各色のイメージリストはこちらから!

色のイメージと心理的効果―色の意味と印象、活用方法を紹介





それでは色彩別に、どのような使われ方を
してきたのか見てみましょう。

色彩のイメージとスピリチュアル・魔術的イメージ一覧

ー色彩のイメージとスピリチュアル・魔術的イメージ①

命を司る、太陽をイメージさせる色です。
炎の色である事から、治療、魔除けに使われ
ました。




古代ローマでは指導者が悪魔から身を守るため
赤い服を身に着けています。



一方の日本でも、魏志倭人伝でサメ除け
赤いふんどしをつけたという記述があり、

洋の東西を問わず、

生命力を得る・魔除けの象徴として
使われていたようです。





火星の色が赤であることと、
ローマ神話の軍神マルスとが繋がり、

赤=戦争・勝利

というイメージもあります。

赤の魔術的使い方
  • 愛情や恋人を得る
  • 活力・勇気・勝利を得る
  • 魔除

黄色 ー色彩のイメージとスピリチュアル・魔術的イメージ②

中国発祥の陰陽五行という考え方では、
万物の中心を象徴する色です。



青龍(青)、朱雀(赤)、
白虎(白)、玄武(黒)
の四方を司る聖獣の中心に黄龍として描かれます。





古代エジプトでは黄金のマスクなど
ミイラを包む色に使われており、
永遠の象徴ともされています。





日本のような、農耕で栄えた地域では
太陽と稲穂の実りの色でもあり、

豊作、豊かさ、神の色、永遠性

のシンボルとされます。






また他にも広い地域で、

太陽と富、黄金、大地、最高権力者

の象徴とされている色です。

黄の魔術的使い方
  • 富や豊かさ・金銭を得る
  • 地に足を付ける・大地
  • 中心や権力を象徴する

ー色彩のイメージとスピリチュアル・魔術的イメージ③

エジプトでは生命と再生を司り
エジプト的死生観において
死後の再生に必要な色とされました。




特にマラカイトという、現在でも日本画絵具などで
使われている緑色の鉱物は、

あらゆる病を治す(特に眼病)薬として
クレオパトラもアイシャドウに使っていたそうです。

マラカイト原石

また常緑樹である榊やヤドリギと関連して

神聖さもイメージさせる色です。




ケルトではヤドリギは
不死や不変、永遠性のシンボル
として扱われたそうです。





日本の神道では、榊には神様が宿るとされますし
宇摩志阿斯訶備比古遅神
(ウマシアシカビノヒコヂ)

という神様は

「春になると葦が川辺に生える美しさ」

冬になって枯れても、また生えてくる
生命力と永遠性」
を司るとされています。





余談ですが、一説によると、
この神様こそが日本で一番初めに生まれた
神様なのではないかと言われているそうです。




中国や日本でのお金のイメージが
金色なのに対して、
西洋ではドル紙幣が緑色のため

日本の黄色同様に富や豊かさを象徴する色です。




しかし、そのイメージの出発点は

自然→人知の敵わない不運、運命→
ギャンブル→お金

によるものだと言われています。

緑の魔術的使い方
  • 富や豊かさ・金銭を得る
  • 自然の生命力・健康を得る
  • 神聖さを象徴するために用いる

ー色彩のイメージとスピリチュアル・魔術的イメージ④

顔料(絵の具の材料)の貴重さと、

限りない空をイメージさせることから

神、永遠性を象徴します。





リラックスさせる効果から
心理的に信仰心を呼び起こしやすいとも言われ
誠実さや希望を意味しています。


また、青い鳥に代表されるように、幸福の象徴
ともされています。




チャネリングやエネルギーワークの際に
取り入れると良いかもしれませんね!

青の魔術的使い方
  • 高位の神・霊などの力を借りる
  • 神から与えられる幸福を得る
  • コミュニケーション能力を得る

白ー色彩のイメージとスピリチュアル・魔術的イメージ⑤

汚れない神聖な色として、多くの文化で
神の色とされています。


仏教では白い象はお釈迦様(仏陀)の
前世の姿であるとされる他

お釈迦様の母親であるマーヤー夫人が
懐妊する際に、脇に白い象が入ってくる
夢を見たという伝説もあります。



他にも仏教やインド神話では重要なモチーフ
として白象が登場しますが、それは別記事で。




エジプトでも光の色であることから
太陽神の色とされてきました。



神を象徴する色であり
汚してはいけない緊張感から、
エネルギーが低い時には白は強すぎる色
かもしれません。





白にネガティブイメージが湧くときは、
エネルギーが低下気味の証なので、
リラックスして休むようにしましょう。

白の魔術的使い方
  • 高位の神・霊などの力を借りる
  • 神様に近づきたい時に身に着ける

黒ー色彩のイメージとスピリチュアル・魔術的イメージ⑥

神の力が白、光の象徴ならば
黒は日陰のような色。

黒はを求める人が頼る色です。





西洋では神聖さを象徴する白に対し、
悪魔の色と恐れられていますが、

他の文化では様々な意味を持って扱われてきました。


例えばエジプトでは生命の色とされています。


これは、日本の緑の捉え方と近いですが
これから草が増え動物が増えていく
豊かな土の色だと考えられているからです。


同様の理由から再生の色ともされています。





エジプトも日本と同じ多神教の文化ですから
自然へのイメージが近いのかも知れませんね。



また何物にも染まらない色として
魔除けにも使われます。




同じく、他の影響を受けないという
理由から、日本では

揺るがない仏教への帰依の心

を象徴し、五色という有り難い色のひとつに
数えられています。

黒の魔術的使い方
  • 悪魔などの力を借りる黒魔術
  • 魔除けとして持つ
  • 強い信念のお守りとして持つ

虹色ー色彩のイメージとスピリチュアル・魔術的イメージ⑦

様々な色を併せ持つ虹色
夢や希望を象徴します。



また、めったに見られない希少性から
幸運、神からのメッセージ
ともされているようです。





以上の理由から現在では
サンキャッチャーなどを窓辺に下げ
虹色の光を作る事で
幸運が招かれるとされています。

虹色の魔術的な使い方
  • 幸運を呼ぶお守りとして
  • 神様からのメッセージ
  • 光の象徴として魔除けにする




以上、色のスピリチュアル・魔術的使い方を
色の歴史や文化から紹介してきました。




では、そのイメージを活用するには
具体的にはどのような方法があるのでしょうか。



次からは、いくつかの活用事例・流派などから
スピリチュアル・魔術的な活用方法を紹介します。

スピリチュアル・ヒーリングで願いを叶える色の魔法効果

ここで紹介するのは、カラーコンサルトの
高坂美紀氏が提唱する、
身に着けたり想像したりして
色の持つイメージ(効果・パワー)を
自らに取り入れる

スピリチュアルな手法です。




下の表を参考に、なりたいイメージから
色を選んで身に着けてみましょう。

エネルギーをチャージする
ピンク 愛を補強する・ドーパミン、βエンドルフィンを出す
オレンジ元気になる
黄色 かわいらしくなる
肌をきれいにする…心身のバランスをとる
ストレス解消…回復
 癒しと回復…心身のバランスをとる
白金銀 浄化しながら輝く、ネガティブエネルギーの反射

また赤、ピンク、オレンジ、黄色

パワーチャージに適した色としています。



詳細はこちらの本にありますので、
もし興味を持ったれましたら、
是非読んでみて下さいね。



具体的な色の活用法が紹介
されていますよ!

オカルト・魔術で願いを叶える色の魔法効果

魔術、呪術のようなオカルトの分野でも
色は重要な要素となっています。




例えば「ソロモン王の大いなる鍵」と呼ばれる
魔術書に記載されている「惑星護符は、
護符の作成において色を指定されています。

「ソロモン王の大きなる鍵」惑星別指定色

惑星惑星の意味指定色
太陽リーダーシップ・名声黄色
木星富・名誉
金星恋・賞賛・芸術
火星勝利・勇気
土星敵の妨害・防御
水星 知性・旅行・情報橙(混ざった色)
直感・天変地異

魔術書だけあって、何故その色なのか
という事は謎に包まれていました。


しかし、一説によると補色
関係しているそうです。


例えば金星の緑色であれば
補色はピンクです。

そしてピンクは、
一般的に愛の喜びを表す色です。



まさに金星を司るビーナスに
相応しい色になりますね。


この色の使い方は
「ソロモン王の大いなる鍵」
で惑星の神様の力を借りるときの色。



他の魔術では、ソロモン王の魔術とは
異なる色が指定されていることもあります。


次にご紹介する
「キャンドルマジック」もその一つです。

キャンドルマジックで願いを叶える魔法の色の効果

こちらは「キャンドルマジック」と呼ばれる
色の異なるロウソクを使ったまじないです。


キャンドルマジックでは以下の色を
使っています。

願い事
愛情・勝利
恋愛・魅力・友情ピンク
平和・知性・癒し・性格改善
金銭・幸運
健康・癒し・保護
呪い・コントロール・防御 
目標達成・人気獲得・創造性オレンジ
人間関係・人気獲得黄色
幸運・知性・裁判茶色
霊能力・浄化





こちらの方が「ソロモン王の大いなる鍵」より
一般的な色のイメージに近く、
親しみを感じますね。



それぞれの儀式や使い方については
ご自身で検索してみて下さい!

まとめー色で願いが叶う?!色の魔法の使い方!―色彩心理と魔術・スピリチュアル

今回は一般的な色彩心理の効果だけでなく、
スピリチュアルやカラーセラピー
魔術やまじないなどのオカルト方面から
色彩の効果
を見ていきました。




あなたの願望に適した色はあったでしょうか?

他にも五行思想やキリスト教絵画などにも
少し不思議な、色にまつわる話がありますので
気になった方は、ぜひ調べてみて下さい!

オススメの資料ー色で願いが叶う?!色の魔法の使い方!―色彩心理と魔術・スピリチュアル

色のパワーを存分に感じることができる
オラクルカードです。
色をメインにしたデッキは少ないので
興味がある方は是非見てみて下さい!

ピンク呼吸など、色を活用した
セルフヒーリングが豊富です!

日本で最も有名な魔導書かも!?
日本語で分かりやすく惑星魔術と
召喚魔術が解説されています。

心理的な技法、つまり魔法的なアプローチが
豊富です。
色の意味や歴史もしっかり網羅されているので
色で願望実現を目指す方には必須の書!

こちらの記事もオススメです!

天然石の粉が絵の具?岩絵具と鉱物の種類【日本画】

前の記事はこちら!

胡粉の剥落を防止するには?「丹青指南」を現代語訳②緒言

次の記事はこちら!

狩野派の日本画技法書「丹青指南」を現代語訳③編者履歴