8/1 新刊『日本画の絵具と色彩』発売されました!

日本画

日本画

透明水彩と顔彩の違いはコレ!色と使い心地を比較してみた!【日本画】

皆さんは顔彩という絵具を知っていますか? 水彩と同じように使える 水彩と併用しても良い ということで、気になる方もいるかもしれません。 ですがやっぱり使い心地や、色の違いが気になりますよね。 買ったけど合わなかったら悲しいもんね! 今回は、そんな 顔彩が気になっているけど 透明水彩との違いを確認したい! という透明水彩作家さんのために 顔彩と透明水彩の色と使い心地を比較しました!

日本画

顔彩を比較!上羽絵惣と吉祥の顔彩の違いを調べてみた!【日本画】

今回は、ふるさと納税で貰った上羽絵惣の顔彩が届いたので、吉祥の顔彩と使い心地を比較してみました! 結論から言うと、どちらも良い顔彩です! ただ、使い心地や色がかなり違う部分があります。 なので、これから顔彩を買おうと思っていてどのメーカーの物を買おうか迷っている方は、参考になると思います。 ぜひ最後までお読み頂き、好みの顔彩を選んでみて下さいね!

日本画

『塗埋』(ぬりつぶし)ー日本画の伝統着彩テクニックを学ぼう!

日本画には、時代を超えて受け継がれてきた さまざまな伝統的な着色技法が存在します。 これらは一見すると難しそうですが、 実は見知った塗り方もあるんですよ! 今回の記事では、 『丹青指南』という近代狩野派の技法書をもとに、「塗りつぶし」という彩色方法を掘り下げていきます!

日本画

日本画の着色技法ー彫塗(ほりぬり)と塗限り(ぬりきり)をやさしく語る!

日本画には、たくさんの彩色技法があります。 「いつもこの塗り方をしていたけど、 そんな名前があったんだ!」 という技法も結構あるんですよ。 今回は、着色技法の中でも 「彫塗ほりぬり」と「塗限ぬりきり」に注目します! 簡単に言うと、 これはどちらも線を残す塗り方です。 でも具体的にはどう違うの? どんな場面で使うの? 今回はそんな疑問を解消しながら、 この二つの技法を深堀りしていきます。 ぜひ、最後までお付き合いくださいね!

日本画

日本画の最後の仕上げ!「括り、書き起こし、極隈」を実践しよう!

日本画って、一見シンプルに見えますよね。 でも実際には、細かい技法と深い知識が必要なんです。 特に狩野派の日本画では、 一番最後の仕上げって、結構大変! だからどんな絵でも師匠が必ず行います! この記事では、その重要な仕上げ工程の 「括くくり」「書き起こし」「極隈きめぐま」について、 詳しく話していきます。 これらをマスターすれば、 日本画の美をより深く理解することができる! そして自分の作品にも 生かせるようになること間違いなしですよ!

日本画

日本画の立体感!隈取(くまどり)の意味と種類をマスターせよ!

こんにちは!日本画家の深町聡美です! 皆さんは隈取をご存じでしょうか? 「歌舞伎の化粧のことでしょ?」 実はそれだけじゃなく、 きちんとした語源があるのです!今回の記事を読めば、 隈取の本当の意味 日本画の隈取とは何なのか? 隈取筆の使い方、 隈取に関する用語、 が分かるようになります! ぜひ最後までお読み頂き、 知識をGETしてお帰り下さい!

日本画

絵は遺伝した才能が全て?「ない人も上手くなれる」と狩野派は言っていた!【美術】

皆さんは 「絵の才能がないから美術は無理!」 「絵の才能がなかったらどうしよう…」 と悩んでいませんか?実際、絵の才能は遺伝で決まります。「才能が無くても上手くなりたい!」 そう思ったあなたのために、絵の才能がなくても上手くなれること、 そして、絵の才能を伸ばすためのコツを お話していきます!