次回展示はCHIKAPPART vol.7!よろしくお願いします!

【悪い事?】イラストの写真をアプリで加工するのはズルい!?【アナログイラスト】

イラストの写真を加工して
綺麗にするのってズルくないの?

  • 自分で描いた絵をアプリで加工する

これってズルい事なんじゃ!?

と思った事はありませんか?




特にアナログイラストを撮影した後
アプリで加工すると、全く違う絵に
なることがありますよね。


それを「自分が描いた絵です!」
と言ってSNSに掲載するのは
悪い事のように感じてしまうかも知れません。




結論から言うと

自分で描いた絵をアプリで
加工する事は悪い事ではない!




今回の記事では

  • なぜイラストを加工する事が
    ズルいと思われやすいのか。
  • なぜイラストを加工しても良いのか。
  • どんな時に加工してはいけないのか

を紐解いて行きますね!

綺麗に加工するコツはこちら!

アナログイラストの写真を綺麗に加工して、デジタル化しちゃおう!

イラストの写真をアプリで加工するのはズルいと言われる理由①自分の実力ではないから

ズルいと思われやすい理由のひとつは
「機械に頼っていて、自分の実力ではないから」
ではないでしょうか?



同じようなイラストを描いたとしても
加工の有り・無しで見栄えは大きく変わります。


また、イラストに限らず、
実際は大したことない風景写真も
加工一つで非常に綺麗になりますよね。




なので、アプリやソフトで加工する事は
「嘘」「実際とは違う物」だと思われやすいのです。





ではなぜ「実物と違うように見せる」ことが
「=悪」なのでしょうか?



そう思い込みやすい理由は次にあります。

イラストの写真をアプリで加工するのはズルいと言われる理由②実物と異なるから

皆さんもAmazonや楽天で買い物をしたことが
あると思います。


ですが品物が届いたときに
「写真と全然違う!」
ということがあったかもしれませんね。

なので「写真と実物が違う事=悪い事」
と思ってしまいがちです。




ですが冷静に考えてみて下さい。

通販ではあなたはお金を騙し取られたのかも
しれませんが、
加工した画像を見ただけでは何も失ってはいませんね。

イラストの写真をアプリで加工してもズルくない理由①みんな綺麗な絵が見たいから

以上のように、画像加工が悪いとされるのは
綺麗な写真でお金をだまし取るからです。



自分の作品を加工しただけでは
誰からも何も奪っていません。





でもイラストを加工するって、
騙しているみたいで嫌だな……

加工しないと下手なんだと思われたくない!
実力だけで評価されたい!

では実生活を思い返してみて下さい。
買い物や仕事などで、大量の計算が必要な時、
どうしますか?



計算電卓や表計算ソフトを
使いますよね。

ここで求められているのは「早く正確な結果」
であり、「頑張って正確な暗算をする」
ことではないのです。




絵やイラストも同じで、
最終的に求められているのは
「綺麗な作品」「心動かす作品」です。


「頑張って作業した工程」ではないのです。





加工がズルくて無加工が偉いのなら
ディズニーの実写映画は今頃世に
出ていないでしょう。


鬼滅の刃のアニメも、ここまでカッコ良く
ならなかったはずです。



つまり、
加工や作業の省エネがズルいことなら
皆さんが楽しんでいる綺麗で美しい作品は
存在しないと言っても過言ではないのです。






そうは言ってもイラストをアプリで
加工するのはズルいからやめておこう……




もしあなたがそう思っているのであれば

誕生日に友達からメールで絵が
贈られてきた所を想像して下さい。

  • 暗くて描き込みが良く見えない絵と
    明るくて描き込みも見える絵
  • 色鮮やかで見やすい絵と
    薄暗くて見づらい絵
    (無加工の絵)


貰って嬉しいのはどちらですか?

どんな絵でも嬉しいという素敵な気持ちは
ここでは置いておいて下さいね。



「できるだけ良い作品を見せたい!」
と加工する事は恥ずかしいことではないのです。
あなたの作品を見るの為に
綺麗に加工してあげましょう。

イラストの写真をアプリで加工してもズルくない理由②機能があるから


iPhoneには最初から写真を加工する
機能が付いています。

加工アプリも数多く存在しています。




なぜこんなにも加工機能が付いているのか。

それは多くの人が写真を加工して
綺麗に見せたいから
ですよね。




もし、画像を加工して綺麗に見せることが
違法だったら?


みんながズルいと思ってやりたがらないなら?

そんな機能が付く訳ありません。





つまり機能が付いている以上、
自分のイラストを加工する事は悪い事では
ないのです。


もしあなたが加工に罪悪感を感じているなら
こう考えて下さい。

機能を使って何が悪い!

イラストの写真をアプリで加工してもズルくない理由③プロもやっているから

先ほど鬼滅の刃やディズニー映画の
話をしましたが、写真を加工して
作品を作るのは現代では当たり前のこと
です。

鬼滅の刃を作っているufotableという
アニメ制作会社は背景美術に写真を加工して
使っていることで有名です。

不必要な手間を省きつつ、
必要な部分のクオリティーを上げるので

自然かつ見栄えが良い、心動かす背景が
生まれるという事ですね。


⇩ufotableスタッフインタビューはこちら⇩


ニメ『Fate/Zero』背景美術担当インタビュー|マイナビ

アニメ『鬼滅の刃』は作画にCGが使われています|AREA JAPAN 

アプリやソフトで加工をするからこそ、
高クオリティーの作品を速く作れている!

以上、作品写真を加工しても良い理由を
三つ述べてきました。



基本的に作品写真を加工する事は
より綺麗な物を他の人に見せる事。

つまり喜ばれる行いなのです。




しかし、もちろん、
いつでもどんな写真でも加工していいわけでは
ありません!


作品写真を加工してはいけないことも
あるのです。

こんなとき加工してはいけない①ルールが決まっているとき

「作品を加工しないで下さい」というルールが
ある場所ではアプリやソフトでデジタル加工を
するのは控えましょう。







Twitterの人気企画に「ワンドロ」というものが
あります。

「ワンドロ」とは「お絵描き60分一本勝負」の通称で、つまり1時間以内で絵を描くこと
( 中略 )
出されたお題を、限られた短時間の中で、構図からすべて自分の想像を手癖一つで描いていくのである。絵の練習というよりは、1時間以内にどこまで描き上げられるかを試すものという意味合いが強い。

引用:ワンドロ|pixiv百科事典

一時間で描かなければならないのに、
何時間もかけて描いた絵を出すのは
変ですよね。




これと同じように、
「加工してはならない」というルールがある
場所では、そのルールを守って楽しみましょう。

こんなとき加工してはいけない② 通販する時・販売する時

作品を販売をするときには
加工のしすぎに気を付けましょう!



明るさや色を肉眼で見た時と同じように
加工するのはOKです!


ですが、実際の作品よりも綺麗に見えたり
全く違う雰囲気になるまで加工するのは
NGです。




特に実物を見て買えないネット通販では
イラストの写真をアプリで加工するのはズルいと言われる理由②実物と異なるから
と同じで、あなたにその気はなくても「騙された!」
と感じさせてしまうかも知れません!




また、実店舗などで販売する時も
「SNSで見たこの絵を買いに来たけど、
実物は全然違う……」

と思わせないようにしたいですね。

こんなとき加工してはいけない③他人の絵や写真を使っている場合

他人の絵や写真を無断で加工するのは
オススメできません。





加工の練習など個人で楽しむ際には
問題ないかもしれませんが、

加工した物を自分の作品として
ネット上に掲載するのは著作権的にNGです。



自作で無い事を明らかにしていても、
元の絵や写真の作者によっては不快に思わせて
しまうこともあります。



もしどうしても写真や他人のイラストを
加工して使いたい場合は、
著作権フリーの作品を使いましょう!

https://o-dan.net/ja/

こんなとき加工してはいけない③画集などに載せる時

画集などに掲載する作品は
実物と同じ色に合わせるのが原則です。


同じ色に見えるように、明るさや
コントラストを調整するのは必須ですが、

彩度を上げすぎたり色合いを変えすぎると
別の絵になってしまいますよね。



画集や冊子に作品を掲載するときは
加工して実物と変わりすぎないように
気を付けましょう!

まとめーイラストの写真をアプリで加工してもズルくないのは「誰も困らないしメリットしかないから」

以上、イラストの写真をアプリで加工するのは
ズルいかどうかお話してきました。


結論は、

  • ルールを守ればズルくない!」



綺麗な絵を楽してたくさん作れること、
人に見せられることは「良いこと」なのです。


それだけ他の人はあなたの素敵な絵が
見られるのですから。



もし絵を加工する事への罪悪感が
消えない時は、
「綺麗な絵を人に見せる事は社会貢献」
と思えば楽になりますよ。

前の記事はこちら!

アナログイラストの写真を綺麗に加工して、デジタル化しちゃおう!

次の記事はこちら!