8/1 新刊『日本画の絵具と色彩』発売されました!

シュミンケ ホラダムの限定透明水彩!スーパーグラニュレーション「ギャラクシー」は粒状化が楽しい!【レビュー】

この記事で分かること
  • ホラダム スーパーグラニュレーション「ギャラクシー」のみで描いたイラスト掲載!
  • グラニュレーションの言葉の意味は粒状化!
  • うまく分離させるためには4つのコツがある!


こんにちは。日本画家の深町聡美です。


最近は透明水彩を用いたイラストが人気ですよね!


さまざまな水彩絵具がある中で、
多くの有名アーティストが愛用するのがホラダムです!



今回はホラダムブランドから販売された限定色
「シュミンケ ホラダム水彩絵具
限定色 スーパーグラニュレーション”ギャラクシー”」
について語ります。



ここで紹介するのは「ギャラクシー色」のみですが、一色だけ使ったイラストを掲載し、発色が分かりやすくなるようにしました。




限定色ですが、まだ一部の画材店では取り扱いがあります。


もし気になった方は、今のうちに画材店に急いでください!




Contents

透明水彩のグラニュレーションの意味とは?粒状という意味!

普通の絵具に見えますが…

長いカタカナがあるよ!
グラニュレーションってどういう意味なの?

グラニュレーションとは「粒状」という意味です!


シュミンケ ホラダム水彩 限定版 スーパーグラニュレーション”ギャラクシー”


長い商品名ですが、大事なのは
「グラニュレーション」



スーパーグラニュレーションシリーズは、
このグラニュレーションにこだわった絵具なのです!



では、グラニュレーションとは何なのでしょうか?



こちらをご覧下さい。

絵具の中に濃淡の粒があるの?
なんだかザラザラした質感に見えるよ!



このように、
絵具の粒が紙の凹凸に入り、
ツブツブがランダムに浮かび上がる技法/特性を

「グラニュレーション(粒状化)」と呼ぶのです。



英語のGRANULATED (粒状にした)が語源です。


現在ではグラニュレーションをわざと起こしやすくした絵具も販売されています。



グラニュレーションとは?
  • グラニュレーションは水彩画の技法/特性の一つで、絵具の粒子が紙の表面の凹凸に集まって乾くことで生じる、独特のざらざらとした質感のことを指します。




シュミンケホラダム透明水彩のスーパーグラニュレーションシリーズとは?

DARENIHO

じゃあ「『スーパー』グラニュレーション」って、グラニュレーションに特化してるってこと?

画家が頑張らなくても、自然に粒状化する顔料が使われています!




絵具の原料には大きく分けて二つの物があります。

絵具の原料
  • 顔料
    絵具の色の素。粉状で、鉱物や植物から抽出されたりする。
  • 展色剤(バインダーと混同される)
    顔料を紙に付けるための糊。



このうち顔料の原材料の中から、
自然にグラニュレーション(粒状化)するもの
が選ばれているのです!



しかもシュミンケ社の中でもプロ向けであるホラダムブランドから出ています。



つまり、

  • 超高品質
  • グラニュレーションしやすい

こだわりの絵具ということですね!



スーパーグラニュレーションのギャラクシーブルーの方が
明らかにツブツブしている



2つ以上のグラニュレーションしやすい顔料が使われています!
絵具によっては意外な色の組み合わせが楽しめますよ!



他のスーパーグラニュレーションシリーズ

今回はスーパーグラニュレーションシリーズの「ギャラクシー」のみ紹介します。

ですが、この粒状化シリーズは「フォレスト」「ディープシー」「ツンドラ」「グレーシャー」「ギャラクシー」「ヘイズ」「ボルケーノ」の7種類があります。





シュミンケホラダムスーパーグラニュレーション透明水彩「ギャラクシー」の5色セットを開封!

いよいよスーパーグラニュレーション「ギャラクシー」を見てみましょう!



今回はスーパーグラニュレーション「ギャラクシー」の5色セットを使います!



パッケージを開封するとこのように5色入っています。


実は大分使っている
ギャラクシーの中身
  • 971 galaxy pink
    (ギャラクシーピンク)
  • 972 galaxy violet
    (ギャラクシーバイオレット)
  • 973 galaxy blue
    (ギャラクシーブルー)
  • 974 galaxy brown
    (ギャラクシーブラウン)
  • 975 galaxy black
    (ギャラクシーブラック)

シュミンケはドイツの会社なので、公式の絵具名はドイツ語です。
(例)Galaxie Rosa→galaxy pink


ですが分かりやすさ重視のため、ここでは英語名で表記しますね。




シュミンケホラダム透明水彩スーパーグラニュレーション「ギャラクシー」の色をチェックしてみよう!

シュミンケホラダムスーパーグラニュレーション「ギャラクシー」の色をチェックしてみよう!



紙はニューTMKポスター紙




目が細かいため粒子感が出にくいと予想していました。

しかし、しっかりと粒が出ていますね!



また、
ギャラクシーバイオレット
ギャラクシーブラック
透明感がある色です。




一方、ギャラクシーピンクと
ギャラクシーブルー
は濃く塗ると不透明感があります。


ギャラクシーブラック、ギャラクシーバイオレット、ギャラクシーブラウンは分離色も現れていますね!




ギャラクシーの特徴
  • 粒子感は現れやすい
  • ギャラクシーバイオレット、ギャラクシーブラック:透明感がある色
    ギャラクシーピンク、ギャラクシーブルー不透明感
  • 一部は分離色も顕著に見られる




分離色とは?

グラニュレーションカラーは顔料の粒子が紙の凹凸に集まって粒状の質感になります。

その際に、比重が異なる複数の顔料が使われていると、重い顔料が凹部に沈み、軽い顔料は紙の表面に残ります。

日本では分離した絵具の色が大きく違う時に、グラニュレーションに加えて「分離色」と呼び分けることが多いようです。


(例)赤と青に分離した→分離色
  水色と藍色に分離した→グラニュレーション




次の章からは、ギャラクシーシリーズの色を各一色だけ使ったイラストと共に、各絵具の紹介をしていきます。



ギャラクシーの色がどんな感じか、よりお分かり頂ければ嬉しいです!



ギャラクシーピンク/シュミンケホラダム透明水彩スーパーグラニュレーション

ギャラクシーピンク
ミューズ スケッチブック
7.6×7.6mm



こちらはミューズのスケッチブックに描いています。


ネコの目頭や鼻の穴など、濃い部分は密に絵具が乗っていますね。


一方、水多めで塗った草の辺りは粒感がしっかり見えます。




そして不思議な事に
水多め、且つ、濃く塗られた耳の穴や草は不透明な色合いになっています。




濃いピンクとグレー系に分離しているように見えますが、
「わ~分離色~!」
という感じの劇的な色の違いはありませんね。


「分離色」にはならないから、ある程度色をコントロールしたい作家さんにも使いやすいかもしれないよ!




ギャラクシーバイオレット/シュミンケホラダム透明水彩スーパーグラニュレーション

ギャラクシーバイオレット
ウォーターフォード細目?
7.6×7.6㎜

貰い物の水彩用豆色紙に描いたため、
正確な種類は不明です。

ウォーターフォードの細目だったかも…。




細目ということで粒状化が心配でしたが、
水が多い箇所はハッキリと粒が見えますね。



特に背景の薄塗りの箇所は、茶色の分離色が分かります。



紙の種類によりますが、

  • 水分量で、色を分離させるか、単色にするか
    を完全にコントロールできるかもしれません!






ギャラクシーブルー/シュミンケホラダム透明水彩スーパーグラニュレーション

ギャラクシーブルー
ウォーターフォード細目?
7.6×7.6㎜



同じホラダムのターコイズやラグーンブルーと比較して、
重ねると明度が低くなる印象です。


まさに「宇宙的な暗く鮮やかな青」を表現するのに
ピッタリの色ですね。



水色と暗い青に分離するので、
こちらも「分離色」という感じではありません。



ただその分、薄塗りした場所と
濃く塗った場所の明度差が大きくなりました。



明るい青から暗い青まで、幅広く使えそう!




ギャラクシーブラウン/シュミンケホラダム透明水彩スーパーグラニュレーション

ギャラクシーブラウン
ウォーターフォード細目?
7.6×7.6㎜



一見、絵墨の茶色のような暗めの色。

ですが、薄めて塗ると味わい深い茶色になります。


上のイラストだと、カモの頭や影などに
粒子感が見られますね。



面白いのが
わずかに青が分離すること!



イラスト右側の背景に少し青が出ています。



分離をコントロールするのは、
正直かなり難しめです。



ですが使いこなせば、面白い絵が作れそうですね!


荒目の紙に使うと分離色を出しやすいね!



ギャラクシーブラック/シュミンケホラダム透明水彩スーパーグラニュレーション

ギャラクシーブラック
ウォーターフォード細目?
7.6×7.6㎜




最後に紹介するのが、
ギャラクシーブラック。


ブラックというと
「真っ黒でつまらない」と思うかもしれません。


ですがこちらは青とグレー系に分離します!



青墨のような上品な色になるんです!



この黒を使うと黒過ぎにならず、
深みのある暗い色を作ることが出来るというわけです!



単色で使ってもカッコいいのですが、
混色する事でより複雑な色を作れることでしょう!


「軽い色」になって悩んでいる人にオススメしたいね!



以上がスーパーグラニュレーション「ギャラクシー」各色の紹介でした!



でも、いくらグラニュレーション用の絵具でも
上手く粒子感が出ない事もあります。


そんな時に使える

  • グラニュレーション&分離色を出すコツ

を次章でお話します!



シュミンケ ホラダム透明水彩の限定色「スーパーグラニュレーション」で粒を上手く出すには?

もっとグラニュレーションをハッキリ出したいよ!

では、取り入れやすい4つの方法を解説しますね!


グラニュレーションを出すコツ4選
  • 水の量を調節する
  • ウェット・オン・ウェットを使う
  • 荒目の紙を使う
  • 指で紙を弾く


水の量を調節する|透明水彩のグラニュレーションのコツ①


一番簡単なのが、

水の量を少し多めにすること!


濃く塗ると粒が密になって、粒子感が分かりにくくなります。


重ね塗りをすると濃くなるのと同じだね!
顔料の粒と粒の間に、さらに粒が入っていくんだ!


グラニュレーションを試す時は、
普段より水を多めに使ってみましょう。


これで顔料の粒が水で動きやすくなり、
まばらになります。



ウェット・オン・ウェット|透明水彩のグラニュレーションのコツ②


二つ目はウェットオンウェットを使う方法。


これは、あらかじめ濡らした紙に絵具を塗る方法です。


これを使うことで水と絵具が混じりあって、
顔料がまばらになりやすくなります!



①の方法も②の方法も、顔料が紙に定着する前に水でまばらにする作戦ですね。



荒目の紙を使う|透明水彩のグラニュレーションのコツ③


グラニュレーションを出すには紙の選択も大切!



今回の例のような、
細目の紙はグラニュレーションに不向きです。


荒目の紙を使いましょう!


凹凸の差が大きいので、顔料が
紙の凹凸に集まりやすくなります。


つまり、よりハッキリとグラニュレーション効果が出るということ!


まずは荒目の紙を選ぶことをやってみてね!



紙を指で弾く|透明水彩のグラニュレーションのコツ④

最後は紙を指で弾く方法!

こちらは
見たい!聞きたい!透明水彩! 画家と化学者が語る技法と画材 [ あべとしゆき ]
で紹介されていた方法です。


ここでは絵具を塗った紙を裏から指で弾く方法が書かれていました。


「指でトントンする」だけでも効果はあるようです。



「指でトントン」などの具体的な方法は載っていませんでしたが、興味がある方はぜひ読んでみて下さい!





まとめーシュミンケ ホラダム透明水彩の限定色!スーパーグラニュレーション「ギャラクシー」は粒状化が楽しい!【レビュー】



最後までお読みいただきありがとうございました。

以上がシュミンケホラダムのギャラクシーのレビューでした!


スーパーグラニュレーションシリーズは
今では貴重になってしまっているようです!




Amazonでは非常に高値になってしまっているので、
もし定価で見かけた時はGETしておくと良いですね!


またシュミンケ以外からもグラニュレーション系絵具は販売されています。



こちらが入手できない時は、
他の絵具も試してみて下さい!


話題の中国水彩!

↑筆者は使ったことがありませんが、
SNSでも見かける絵具です。
鮮やかな分離色に憧れます。
いつか使ってみたいですね。



日本のグラニュレを
見よ!

↑こちらはクサカベが販売している
グラニュレーション絵具です!
こちらも人気の絵具ですね!
欲しいです




ホラダムの限定色は
楽天市場ならまだ買えます


↑Amazonではプレミアが付いていましたが、
楽天市場の画材店なら定価で購入可能!
パンタイプのほか、
チューブの3色セットがありました。



単色売りも見かけました


↑一部の色は単体で購入できます。





前の記事はこちら!

➡エレコムELECOMなっとく名刺でオリジナル名刺を作ろう!【失敗談レビュー】


次の記事はこちら!