次回展示はCHIKAPPART vol.7!よろしくお願いします!
絵画全般

アクリルガッシュにオススメの身近なパレット8選!【汚れにくい&捨てやすい!】

水に強くて、乾きも早いアクリルガッシュ。 絵を描く上ではとても便利ですよね! ですがその反面、パレットの片付けが とても大変な絵の具でもあります。 今回はそんな水で落ちないアクリルガッシュ のために、片付けやすく使いやすい パレットを選び、ご紹介いたします! 普通のアクリル絵の具を使う方や 今からアクリルガッシュを使う方にも オススメの内容となっていますので、 ぜひ気になる見出しからご覧下さい。

日本画の描き方

日本画の盛上げ胡粉(腐れ胡粉)の作り方を解説!ー『丹青指南』を現代語訳

日本画の表面を盛り上げたい人 こんな人におすすめ!新しい質感表現を模索している絵描きさん 新しいことを学ぶのが好きな絵描きさん 皆さんは美術館で、絵の表面が盛り上がっている 日本画を見た事がないでしょうか? 日本画でも油絵やアクリル画のように、 ボコボコとした質感を出すことができるのです。 盛り上げ用のペーストなど、やり方は様々ですが 最も基本と言えるのが「盛り上げ胡粉」です。 今回は、明治時代の日本画の技法書 「丹青指南」に描かれた、 盛り上げ胡粉の作り方を 現代語訳して分かりやすく解説いたします!

絵画全般

ポスターカラーとアクリルガッシュの違いが分からないと…【絵の具について】

この記事で分かること:ポスターカラーとアクリルガッシュの違いと、混ぜて使って大丈夫かが分かる!ポスターカラーとアクリルガッシュは 全く別の絵の具なのです!もし間違えて混ぜて使ったりしたら、 大変なことに・・・・・・!?今回は、ポスターカラーとアクリルガッシュの 違いについて解説いたします!

日本画の描き方

【日本画】ドーサ液にミョウバンを入れる理由は?科学的な根拠から紹介!

和紙のにじみ止めに使うドーサ液。 その作り方は、 膠液にミョウバンを入れるというシンプルなもの。 しかし一体どうして化学薬品も入っていない 膠とミョウバンだけで、 にじみ止め効果が生まれるのでしょうか?!この記事では ミョウバンの作用を科学的に解説し、 ドーサ液の仕組みを解説いたします!

日本画の描き方

【初心者向け】日本画のドーサ液の引き方、作り方をイラスト付きで解説!

「ドーサ液」の作り方を、順を追って説明します!ーー日本画で使う和紙や絵絹は吸水性があるため絵を描き始める前に、にじみ止めを塗る必要があります。このにじみ止めを、日本画では「ドーサ液」と呼びます。ドーサ液を塗っていない生の紙に絵具を塗ってしまうと、墨がにじんだり、岩絵具がポロポロとはがれ落ちてしまう危険があるのです。